fbpx

長崎ミッケ第二十五回 佐世保バーガー小食い対決<大村公園@大村市>

長崎ミッケ


25
2019/9/16
放送

佐世保バーガー小食い対決
<大村公園@大村市>

マゴノテの長崎ミッケはこちらからもお聞きいただけます

さて長崎県は大村です。
ボートレース近くのひっそりとした日本庭園。



で、佐世保バーガー早食い対決。



星のマークがこの庭園と真逆です。
企画を聞いたときの僕ら。



この少し前に、ランチをたらふくいただきまして、
これ以上食いたくないのです。

早食い企画に、すでに満腹という変な要素が一個のっかってしまってます。



スタッフさんの買ってきた量に、へらへらする。
僕らのことをフードファイターか、なにかと思っているのかな。



これが佐世保バーガーだ!
普通のハンバーガーより、ふた回り近く大きい。
完全に、早食い対決には不向きだ!
ふつうは、お寿司とか、わんこそばとか、小さいものを数こなすのが、
エンタメとしての早食いだ。





うまいに決まってる。
佐世保バーガーとは、佐世保市周辺で手作りで作られているものをそう呼ぶらしいのだ。
なので、具材もまちまちらしい。これはレタスとたまねぎとパテだった。



完全にお腹がいっぱいだけど、楽しい感じがある。
早食いや大食いは辛いイメージがあるけど、これは意外な発見だった。

①食べたことのない速度で飲み込んだり、噛んだりする。
②めちゃくちゃ人に見られながら食べる。

これが食をエンタメ化するのだ!



それに、食べるのが早い!方が勝ちってルールがバカみたいで楽しいじゃないか。
ちょっとこれは麻薬的な楽しさがあるなと思った。

ただ今回のレースは、僕と古藤が同時に食べるのでなく、
5分間のタイムトライアルで何個食べられるかの勝負だった。

なのでTVチャンピオンで見られるような大食いデットヒート感はないのが、
玉にキズだ。そして後攻が有利だぞ。
続いて古藤くん。







これがいつもの彼の食い方。
ほっぺたを膨らまして食う。
僕は10年以上この姿を見ている。



ほっぺたが痛いという。
古藤ならではの不調である。

結果は
西垣:2個と3口
古藤:2個と半分

というダイナミックさを欠いた泥試合となった。
試合が終わり襲ってきた満腹感。



僕も古藤も漫画みたいにトホホとしている。

これまでの放送はこちら

店舗銀行ストーリー 思案橋WITH長崎で飲食店開業!? 長崎の魅力再発見!じげもんマルシェ IPPO ご来場ありがとうございました!
店舗銀行ストーリー 思案橋WITH長崎で飲食店開業!? 長崎の魅力再発見!じげもんマルシェ IPPO ご来場ありがとうございました!
PAGE TOP