fbpx

長崎ミッケ第十五回 ほのぐらい「つがね落としの滝」の底から<西海雪浦・つがね落としの滝>

長崎ミッケ


15
2019/7/8
放送

ほのぐらい「つがね落としの滝」の底から

マゴノテの長崎ミッケはこちらからもお聞きいただけます

西垣です。
山奥にやってきました。同行していただいたスタッフさんと車二台で
行ったのですが、がっちりはぐれるくらいに、道に迷いました。

やってきたのは「つがね落としの滝」つがねとは、モズクガニのことらしく、
滝からカニが落下することに由来しているらしいです。

ここはまだ入り口です。


このあとのことを予見してか、古藤くんが
キャンキャン、猛っています。

あたり一面、山に囲まれて、ダムが広がっています。

そんな誰もいない中、旗を持ちながら、
滝にむかっていきます。

ここがつがねの滝の入り口

あんぐり闇が口をあけている。

トンネルを抜けた一行。
遠くからみても、山をなめてやってきたクルー感。
ふれてはいけない石像を持ち出して、祟りで死んでしまいそうな雰囲気をかもしている。

あれがつがね落としの滝

岸壁を伝うように、水がながれている。

このつがね落としの滝は、滝つぼがない滝だといわれています。
つまり、上から落ちてきた水は岩にたたきつけられるらしいのです。


ここで今福さんから、
「つがね落としキャッチチャレンジ」という珍企画が提案されました。
滝から落ちてくるカニをキャッチする、というものです。

まずカニいなそう。

われらが古藤くんがチャレンジすることになりました。
颯爽とむかう。

カニがいるか確認。

カニいないよーと言っている。

ずっとカニいないよーと言っている。

どんどん滝にちかずいていき、
芸術性の高い舞台みたいになっている古藤くん。
なんで滝の下で座りながら進んでいるのか。

当然、びちゃびちゃな男

なんで座りこんだのかと聞くと、
滝の下には穴があいていて、足をすべらして底に
落ちてしまう可能性があったらしい、とのことでした。

滝つぼがないなんて嘘だ!
ネット情報はあてになりません。

ヤンキー漫画のようにカメラに睨む古藤。

これまでの放送はこちら

店舗銀行ストーリー 思案橋WITH長崎で飲食店開業!? 長崎の魅力再発見!じげもんマルシェ IPPO ご来場ありがとうございました!
店舗銀行ストーリー 思案橋WITH長崎で飲食店開業!? 長崎の魅力再発見!じげもんマルシェ IPPO ご来場ありがとうございました!
PAGE TOP