fbpx

長崎ミッケ第八回 コミュニケーション不足の伊王島<伊王島>

長崎ミッケ


8
2019/5/20
放送

コミュニケーション不足の伊王島<伊王島>

マゴノテの長崎ミッケはこちらからもお聞きいただけます

重光くんが
伊王島が二つの島に分かれているのではないか?
と言い出したのがミッケのきっかけである。

かいつまんでいうと、
①伊王島という一つの島がある。
②だけど地図でみると、分かれている。
③実際に分かれているのか確かめに行こう。
④もし分かれていたとすると、
どちらかに何か名前をつけないとおかしいのでないか!

 という主張である。

答えはこちら↓

国土地理院・地理院地図 伊王島


つまり町名は伊王島町、
そこに存在するのは、
伊王島沖之島という二つの島。

町名にも、伊王島という名前が入っているので、
ややこしやーという話なのである。

だけど島の幅は数十メートルしかなく、三本の橋で繋がっている。



さてそんなことより、この、のどかさである。


家のもう目の前が海なのだけど、
水の勢いをやわらげた波止場になっている。



家のしたに海の水が流れている。
窓から釣竿を出せそうである。



そして海の中に鳥居があり、
干潮の時にはえびすさまの全体が見える。

伊王島は古くはキリシタンの潜伏先で、
島にはさまざまな教会や、その名残がうかがえる。
2011年に橋がかかり、リゾート化が加速して賑わっている。

だけど、軽薄なリゾート文化と伊王島は少し違う。

一方で時間がゆったりと流れて、
海と自分を見つめる時間も運んでくれるのが伊王島である。
その魅力を散歩しながら見つめてほしい。

ってのんびりしていると、
アロエがいきなり出現するよ!



さて次回は女神にあいにいく!
女神をあんな角度から…まぁいやらしい!

これまでの放送はこちら

店舗銀行ストーリー 思案橋WITH長崎で飲食店開業!? 長崎の魅力再発見!じげもんマルシェ IPPO ご来場ありがとうございました!
店舗銀行ストーリー 思案橋WITH長崎で飲食店開業!? 長崎の魅力再発見!じげもんマルシェ IPPO ご来場ありがとうございました!
PAGE TOP