サンプルドレスコーディネーター認定試験

メールアドレス
お名前
【出題1】
婚礼衣裳業界について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.「(  ①  )」とも呼ばれる貸衣裳は、現在の日本の婚礼衣裳の主流であ  る。その理由は、購入するよりも安価な料金で豪華な衣裳を着用できることや、(  ②  )までトータルで揃うことなどが挙げられる。
2.セルドレスは、広義には「販売ドレス」を意味し、狭義には市販の「(  ③  )ドレス」を指す。オーダードレスは、注文して仕立てるドレスを意味する。デザイナーに相談しながら一からデザインや素材を決め、世界に一着のドレスとなる「(  ④  )」などがある。
3.婚礼衣裳を取り扱う店舗は、セルおよびオーダードレスを扱う店舗に多い「(  ⑤  )」の形態と、婚礼施設にテナントとして入店する「(  ⑥  )」の形態に大別される。
【出題2】
ドレスコードの説明文で、(     )に適する語句を解答欄に記入しなさい。

フォーマルウェアにおける「ドレスコード(服装規定)」は3つに区分される。このドレスコードは(  ①  )と呼ばれる外交儀礼の服装ルールを基本に、各国で形成していることが多い。3つの区分とは、最も格式の高い礼装である(  ②  )、それに次ぐ格のものを(  ③  )、さらに格を下げた略式の礼装を(  ④  )という。
【出題3】
西洋で全身を白で統一する花嫁衣裳が生まれたのは19 世紀であるが、そのきっかけとなったのは、誰の結婚式の、どのような花嫁衣裳であったか、衣裳の特徴を詳しく記述しなさい。
① 誰の結婚式
② 衣裳の特徴
【出題4】
ドレスラインについて、各イラストに適するラインの説明文を選び、適する文章のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

【出題5】
ドレスのデザインディテールについて、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.(  ①  )ネックラインとは、肩紐も袖もない、バストから上の肩、背中、腕を露出させたネックライン。いわゆる「ベアトップ」スタイルで、(  ②  )ドレスもこれにあたる。
2.スカートレングスとは「スカート丈」のことで、ウエディングドレスやカラードレスの(  ③  )を決める重要な要素である。 (  ④  )長い丈のドレスほどフォーマルになり、短いほどインフォーマルになる。
3.(  ⑤  )とはドレスの後ろに引く「裳裾(もすそ)」「引き裾」のことで、その長さが行事の格式や社会的地位を表した。ウエストから後方へ2m 70 ㎝以上の長さがあるもので、最も格式が高いものを(  ⑥  )と呼ぶ。
【出題6】
ドレスの素材の説明文で、(     )に適する語句を、解答欄に記入しなさい。

ウエディングドレスの代表的な生地である(  ①  )は、強い光沢となめらかな手触りが特徴で、日本語では「朱子」と呼ばれている。また、ウエディングドレスなどで使用される最高級のシルクの1つとされる(  ②  )は、二重織りで、織り目が斜めに現れる綾織物である。
基本的な織り方の織物で、たて糸とよこ糸を1本ごとに交差させた織物を(  ③  )という。
【出題7】 ドレスの装飾(デコレーション)について、①~③の記述で不適切な記述の番号を解答欄に記入しなさい。
【出題8】
ドレスのサイズの説明文で、(     )に適する語句を、解答欄に記入しなさい。

国内メーカー製のドレスサイズは、7 号、9 号などの「号」の設定と、(  ①  )で区分した「R」「T」などの設定を組合せたものが一般的である。
ドレスの場合の「T」は一般的に(  ②  )を表し、「T丈」は身長160 ㎝の女性が(  ③  )を履いて着用した時にちょうど良い丈を基本としていることが多い。Tの表記が増えるたびにウエストの位置が1 ㎝ずつ下がり、スカート丈が(  ④  )ずつ長くなる。
【出題9】
ドレス小物について、①~③の記述で不適切な記述の番号を解答欄に記入しなさい。
【出題10】
ブライダルブーケについて、各イラストに適するブーケの説明文を選び、適する文章のアルファベットを解答欄に記入しなさい。


【出題11】
新婦のフィッティング小物について、①~③に適する名称を語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。
① 背中を大胆に露出するデザインのドレスに適したブライダルインナー。
② スカートラインを美しく見せるためのアンダースカートで、「クリノリン」「ペチコート」などとも呼ばれる。
③ 欧米の花嫁がアクセサリーとして身につけ、演出に使用することもある靴下留め。
【出題12】
花嫁の着物について、①~③の記述で不適切な記述の番号を解答欄に記入しなさい。
【出題13】
和装の文様について、各イラストに適する名称を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。






【出題 14】
和装の花嫁衣裳について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.打掛は、もともと武家女性の礼装用の小袖型表着で、(  ①  )を使わずに打ち掛けて着たことからこの名が付いた。花嫁衣裳を着付ける際は、後ろ襟を下げ(  ②  )をやや抜きぎみに着付けることが一般的である。
2.掛下は、打掛の下に着る振袖のことで、(  ③  )を取らず、裾を引くように着付ける。帯は本来であれば(  ④  )が正式だが、現在は掛下帯が用いられている。
3.本振袖は、別名「(  ⑤  )」とも呼ばれ、花嫁衣裳には豪華な本振袖が使用される。着付けにはクラシカルに裾を引く「(  ⑥  )」のスタイルと、着丈を短くする「おはしょり」スタイルがある。
【問題15】
和装の花嫁衣裳の小物について、①~⑤に適する名称を漢字で解答欄に記入しなさい。


【出題16】
着物の部位の名称について、①~⑦に当てはまる語句を語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。
※着物は女物

【出題17】
花嫁和装の着付けで、新婦が持参する物を3つ解答欄に記入しなさい。
※ひらがな可
【出題18】
帯結びについて、①~③の記述で不適切な記述の番号を解答欄に記入しなさい。
【出題19】
和装の花嫁衣裳の小物について、①~③の記述で不適切な記述の番号を解答欄に記入しなさい。
【出題20】
新郎の洋装について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.昼の正礼装であるモーニングコートは、襟が(  ①  )で、ウエストラインに縫い目のある(  ②  )コートである。(  ②  )コートとは、前裾を斜めにカットした長上着のことである。
2.夜の第一礼装で、「テイルコート」とも呼ばれる(  ③  )は、前身ごろがウエスト丈、後ろが膝丈で、裾が(  ④  )の尾のように2つに割れた上着である。
3.ブラックタキシードのディナージャケットの襟には、(  ①  )、または(  ⑤  )が用いられ、フロックコートには(  ⑥  )が用いられる。(  ⑥  )は「背広襟」と呼ばれることもある。
【出題21】
メンズフォーマルウェアの装飾について、(     )に適する語句を解答欄に漢字で記入しなさい。

燕尾服やタキシードの襟などに張る黒絹を(  ①  )といい、ズボンの脇縫いの線に沿って施される黒絹の飾りテープを(  ②  )という。
【出題22】
新郎の衣装サイズの説明で、(     )に適する語句を、解答欄に記入しなさい。

日本国内で販売・レンタルされるメンズフォーマルのサイズは、基本的には(  ①  )とウエストの寸法差により導き出す「A 体」「Y 体」などの体形区分と、身長による区分の組合せで設定されている。最も標準的とされるのは、(  ①  )とウエストの寸法差が(  ②  )程度の体格である「A体」で、男性の礼装は(  ③  )を「命」とする点からレディスの貸衣裳より細かくサイズが展開されている。
【出題23】
新郎洋装小物「ネクタイ」について、①~③の記述で不適切な記述の番号を解答欄に記入しなさい。
【出題24】
新郎の和装について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.男性の和装の正礼装は、黒の紋付の羽織と(  ①  )に袴を合せた「紋付羽織袴」のスタイルである。黒以外の羽織と(  ①  )を用いたものは「色紋付羽織袴」といい、こちらは(  ②  )となる。
2.黒紋付羽織袴とは、黒羽二重で(  ③  )を白く染め抜いた羽織と(  ①  )に縞袴を合せたものであり、貸衣裳の袴は筒型の「(  ④  )」が主流である。袴の縞は、一般的に太いものほど若向きとされている。
3.和装小物には、羽織紐・角帯・(  ⑤  )・雪駄などがあり、ほとんどがレンタルに含まれている。新郎が持参する物は、肌襦袢・ステテコ・(  ⑥  )などがあり、セットで販売していることも多い。
【出題25】
家紋について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.家紋とは、簡単にいえば「(  ①  )のしるし」である。家紋の種類には白く染抜く「染抜き紋」、刺繍による「縫紋」、染料による「染紋」に大別され、中でも正礼装には最も格の高い「(  ②  )」が用いられる。
2.紋の数には「五つ紋」「三つ紋」「一つ紋」の3種があり、五つ紋は原則として(  ③  )専用で、背中心、左右の胸、(  ④  )の計5ヶ所に置く。
3.家紋には「(  ⑤  )」「裏紋」「女紋」があり、男性の礼装である紋付羽織袴には、(  ⑤  )を使用する。「女紋」は(  ⑥  )が用いる実家の紋であり、嫁入り支度として誂えた着物などに付ける。
【出題26】
家紋について、各イラストに適する名称を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

【出題27】
列席者の衣裳について、①~③の記述で不適切な記述の番号を解答欄に記入しなさい。
【出題28】
ドレスコーディネーターの業務について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.貸衣裳の場合、一般的には新郎新婦は婚礼の(  ①  )前から衣裳を借りる準備に入ることが多い。貸衣裳を取り扱う店舗の客層は「(  ②  )からの紹介」と「フリー客」に大別される。
2.セルドレスが貸衣裳やオーダードレスと大きく異なる点は、業務の中心が「(  ③  )」であることである。セルドレスの場合、婚礼までの期間のスケジュールは(  ④  )の範囲や量によって違いがある。
3.オーダードレスが貸衣裳やセルドレスと大きく異なる点は、業務の中に「(  ⑤  )」が含まれる点である。婚礼用のオーダードレスは現在「セミオーダー」とも呼ばれる「(  ⑥  )」を中心に展開されている。
【出題29】
貸衣裳店の予約受付について、(     )に適する語句を解答欄に記入しなさい。

初回の試着予約を受ける際、重要な確認項目は新郎新婦の氏名、(    )、(    )、(    )である。
※解答順不同
【出題30】
衣裳選択のアドバイスについて、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.婚礼衣裳は、まずは挙式や披露宴のスタイル、(  ①  )によって選択される。挙式の場合、(  ②  )では洋装、神前式では和装を着用し、披露宴では挙式と違うイメージの衣裳にチェンジすることが多い。
2.婚礼で「格」の高い礼装をまとうことは、列席者への敬意や感謝を表現することを意味し、新郎新婦の(  ③  )につながることも多いため、ドレスコーディネーターは(  ④  )を学んでおく必要がある。
3.新郎新婦の婚礼衣裳の選択を左右するものには、他にも「会場とのバランス」、「(  ⑤  )」、「(  ⑥  )」などがある。
【出題32】
マーメイドラインのドレスに適するブライダルインナーとして正しい番号を解答欄に記入しなさい。
【出題33】
新婦のドレスフィッティングの手順について、(     )に適する語句を解答欄に記入しなさい。

ドレスのフィッティングにおいて、ボディのベース作りは大変重要である。ベース作りとは(  ①  )を整えることで、(  ②  )を正しく装着することにより、美しい(  ①  )を作ることができる。
また、ドレスのスカート部分のシルエットは(  ③  )によって大きく変わるため、正しい膨らみの(  ③  )を選ぶ必要がある。(  ③  )はドレス着用前に予めドレスの中にセットしておく。ワンピースタイプのドレス着用の手順は、まず(  ③  )のウエストホックを留めて固定し、ドレス本体のウエストラインを安定させ、次に背中心部分の一番上のホックなどを固定し、ファスナーを上にあげる。
【出題34】
新郎新婦の衣裳の補整について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.スカート丈の補整は、床から2cm(指2本程度)ほど上がったスカートの(  ①  )から、脇に向かって自然に床すれすれのラインになるように(  ②  )を内側に折ってピンを打つ。
2.身ごろで補整の多い部分は、脇幅や(  ③  )である。また、胸の上に不要なゆとりが出たりすることもある。これらの補整は、ほとんどの場合(  ④  )で補整する。
3.ズボンの裾上げは、初めにウエストの位置をしっかり定めて丈を測る。(  ⑤  )から見て丈を合せ、長い部分を内側に折り返してピンを打つ。大切なのは、脱いだズボンの(  ⑥  )を、必ずピンを打った状態で測っておくことである。
【出題35】
ベールのアドバイスについて、(     )に適する語句を解答欄に記入しなさい。

ベールの種類や長さはドレスとのバランスを考慮して選択するが、ポイントとなるのはトレーンとのバランスである。トレーン付きのドレスに(  ①  )ベールを合せる場合は、トレーンより20cm 以上長いものが美しくマッチするが、極端に長いトレーンの場合や、トレーンが美しく装飾されている場合は(  ②  )ベールがマッチすることもある。なお、教会挙式においては(  ③  )が必須の場合もあるため、マリアベールを薦める時には注意が必要である。
【出題36】
新婦の立ち居振る舞いについて、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.花嫁の立ち方は、背筋を伸ばして軽く胸を張り、(  ①  )を軽く引く。座る時は背筋を伸ばし、椅子の背もたれは使わずに(  ②  )に腰かけると美しく見える。
2.花嫁のお引きスタイルの和装は、もともと室内用の着方であるため、裾を汚さないよう着物の褄を取り、(  ③  )を短くして歩く。なお、花嫁は(  ④  )で褄を取るのが決まりで、もう一方の手だと芸者の褄の持ち方になるため注意が必要である。
3.花嫁の歩き方は、洋装の場合、靴先をドレスやパニエに当てながら(  ⑤  )を押し出すようなイメージでゆっくりと歩き、和装の場合は、小さめの歩幅で内股の感覚で(  ⑥  )を描くような足運びをイメージすると良い。
【出題37】
ディスプレイの目的(3つ)とメリット(4つ)を箇条書きで記入しなさい。
① ディスプレイの目的(3つ)
② ディスプレイのメリット(4つ)
【出題38】
貸衣裳店の予約台帳について、①~③の記述で不適切な記述の番号を解答欄に記入しなさい。
【出題39】
貸衣裳の搬入と搬出について、(     )に適する語句を解答欄に記入しなさい。

搬入とは商品を婚礼会場の指定日に指定場所へ納め、(  ①  )業務であり、搬出とは婚礼施設の指定日に商品を引き取り、自店(社)へ持ち帰る業務である。
一般的には、搬入商品を準備する「(  ②  )」の際に、納品する商品に間違いのないよう、貸出人ごとに小分けした商品にはそれぞれ「(  ②  )タグ」を付ける。
搬出後は衣裳の(  ③  )を確認し、衣裳をいち早く店頭に戻すためにクリーニングへ出す。
【出題40】
貸衣裳店の営業活動について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.貸衣裳店は婚礼施設と契約するための営業も行う。提携のスタイルにはインショップとして入る場合と(  ①  )を結ぶ場合がある。提携店を増やすための営業は(  ②  )にとって重要である。
2.インショップは基本的に入店している婚礼施設の(  ③  )として営業しているため、集客営業を行う必要はないが、顧客満足度を高めるためには商品や接客の(  ④  )を高めることが大切である。
3.路面店では、婚礼施設からの(  ⑤  )は契約上約束されているが、競合先に打ち勝つためには、商品や接客の(  ④  )を高める必要がある。さらにフリー客の集客も、貸衣裳店の(  ⑥  )を伸ばす重要な要素となっている。
【出題41】
貸衣裳店における必要書類について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.決定した衣裳の内容を明記したものを「(  ①  )」という。この書類にはキャンセル規定なども明記されており、(  ①  )兼契約書として扱う店舗も多く、新郎新婦に対し、決定内容と同時に契約内容の確認をし、(  ②  )をもらう。
2.提携婚礼施設から紹介された新郎新婦の場合は、商品が決定し、契約した時点で婚礼施設に「(  ③  )」を提出する。この書類には決定した衣裳の内容、商品の(  ④  )が明記されている。
3.提携婚礼施設から紹介された新郎新婦の衣裳の費用は、他の(  ⑤  )と一緒に婚礼施設が新郎新婦に請求することが多い。貸衣裳店は締め日に(  ⑥  )の各組の請求額の合計を婚礼施設に請求する。
【出題42】
婚礼美容について、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.白いウエディングドレス姿の新婦のメイクは、肌のくすみを目立たせぬよう(  ①  )を重視したベース作りが大切である。そして、セレモニーにふさわしい(  ②  )表情に仕上げることが重要である。
2.和装の新婦のメイクでは、襟足、うなじから首にかけてや腕や指先などには今も(  ③  )が使用されている。和装メイクの最大の特徴は(  ④  )という日本の美意識を物語る色で(  ②  )美しさを演出している点である。
3.「顔剃り」「襟剃り」のことを(  ⑤  )という。(  ⑤  )には、剃刀を使用して行うものと、電動機器を使用して行うものがあるが、本格的な(  ⑤  )は、(  ⑥  )で行うことが一般的である。
【出題43】
ブライダルヘアメイクアーティストに求められるスキルを3つ記入しなさい。
【出題44】
ブライダルフラワーについて、①~⑥に当てはまる語句を下記の語群から選び、適する語句のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

1.ブライダルフラワーを扱う生花店の業態は「婚礼施設内の(  ①  )」と「街の生花店&アトリエ」に大別され、後者はその生花店独自のコーディネートやフラワーデザイナーの(  ②  )を最大の特徴としていることが多い。
2.市場から仕入れた花材は、水揚げなどの下準備でコンディションを整え、挙式・披露宴(  ③  )に最も美しい状態になるように調整を行う。花材や季節に合せ、夏であれば(  ④  )を遅らせたり、冬場は早めるためにライトを当てるなどの調整も行っている。
3.ブライダルフラワーの業界はファッションの世界と同様に、時代変化の影響を強く受ける業界である。近年は単なる(  ⑤  )ものという感覚ではなく、(  ⑥  )もので、ふたりのウエディングコンセプトを表現する重要アイテムとして位置付けられている。
【出題45】
着物の畳み方について、(     )に適する語句を解答欄に漢字で記入しなさい。

  一般的に(     )とは、留袖や訪問着に適した畳み方である。
PAGE TOP
error: